Freeセミナーシリーズ Vol.1

コロナ型マーケティングの可能性 ~After でも With でもない、新たな世界~ セミナー
コロナ型マーケティングの可能性 ~After でも With でもない、新たな世界~
皆さんの企業では、コロナ禍におけるマーケティングの在り方の検討を進めていらっしゃいますか?
きっと、コロナ前とは違う「何か」が見つからずに困っていらっしゃるのではないでしょうか?
USでは、Withコロナでもなく、Afterコロナでもない「コロナ型マーケティング」を模索、実施されています。
今回、ドゥリサーチ研究所では、カリフォルニアを拠点に活躍しているセンソリーマーケティングのスペシャリストから、このUSにおいて進められている「コロナ型マーケティング」をご提示します。
あわせて、弊社コンサルタントより、日本の生活者の考える生活イメージの変化をきっかけにして、これからの「ブランド構築」の考え方に関して、ご説明いたします。
これらは、まさに「コロナ型マーケティング」のベースになる「コロナ前とは違う何か」を考えるヒントを示し、そして、それへの対応策をご提案するものです。
このセミナーが、皆様の新しい指針構築のお役立つことを祈っております。

開催概要

日 時:2020年10月6日 (火) 10:00~11:30
会 場:関東ITソフトウェア健保会館 山王健保会館2F(東京都港区赤坂2-5-6)
参加費:無料
問合せ:dri-seminar@dori.co.jp 03-6826-1780
担 当:副島(そえじま)

詳細は こちら をご覧ください。

講師

川口 一司  株式会社ドゥリサーチ研究所 取締役

知覚商品プロデュースにおいて、R&Dのサポートを担当。知覚評価学(センソリー・サイエンス) の評価モデルを使い、コンセプトに合った味覚やビジュアル要素を定量的に分析。また、ブランドや商品の知覚力から、広報・宣伝広告の効果を測定し、コミュニケーション活動を支援。
カルフォルニア大学食品工学部でセンソリー研究室に修学、ユニリーバなどとの共同研究に参画後、米国食品メーカーVP、大塚製薬の研究所長を経て、ドゥリサーチ研究所の取締役に。おもに食品メーカーや外食チェーンのグローバル事業をサポート。

 

小林 賢一  株式会社ドゥリサーチ研究所 経営コンサルティング部門長・シニアマネージングディレクター

大手企業のM&A、新規事業立ち上げ、海外進出サポート。
企業ブランディングや商品・サービス開発、ブランディング&マーケティング戦略立案~構築~施策実行支援までを得意とする。
最近では、CX(カスタマーエクスペリエンス)の全体構想~設計、デジタル化までの実行支援サポートする。
ブランドのクリエイティブ領域であるネーミング、ロゴ開発、VI構築、デザインディレクションまでをプロデュースする。
以前は、ブランディングエージェンシー、欧米のコンサルティング会社、欧州の業務系ソフト会社、通信事業者に従事する。

お申込み

お申込みは、下記よりお願いします。

 お申込 

タイトルとURLをコピーしました